柏崎総合医療センターへの支援

9月定例会議で計上されていた柏崎総合医療センターへの支援(2660万5千円)が、市のミスにより財源となる特別交付税の要求をしていなかったことから、支援取り消しの事態となりました。
以下、新聞を引用します。
ーーーーーー
【新潟日報 2021.9.16】
補助金で手続きミス 柏崎市 2660万円減額補正へ
 柏崎市の柏崎総合医療センターの運営費を補助する市の事業で、市が関連手続きを誤り、予定していた補助金の増額ができなくなったことが15日、分かった。
 市は増額予定だった2660万円を減額する2021年度一般会計補正予算案を、16日の市議会9月定例会議に追加上程する。
 市によると、この事業は「公的病院運営支援事業」で、国の特別交付税を財源の一部に充てている。21年度当初予算では6084万円を計上。9月定例会議で8744万円に増額する補正予算案を提出していた。
 8月に国に提出した書類の中で、本来は増額後の金額を記すべきところを、誤って当初予算額を記載した。庁内の確認作業で9月14日に誤りに気付いた。市は担当課の認識違いと確認不足が原因としている。
 医療センター側にも報告したが、本年度計画で補助金増額は見込んでおらず、直ちに経営に影響は出ないとの回答を得たという。
 櫻井雅浩市長は15日、市議会議会運営委員会で「確認作業を怠り、大変恥ずかしく、申し訳なく思う」と陳謝した。
ーーーーー

議会での詳細は以下ブログに記しています。
http://step-one.cocolog-nifty.com/blog/2021/09/post-043d1a.html

http://step-one.cocolog-nifty.com/blog/2021/09/post-b56f8f.html

柏崎総合医療センターは私も家族も昔からお世話になっている病院であり、地域にとってなくてはならない医療機関です。

通常の医療に加え、新型コロナウイルス感染症の対応等もあり、医療従事者の皆さんは大変なご苦労をされていることと思いますし、「直ちに経営が悪化するわけではない」とはいえ、患者数は前年度比10%減少(9/16委員会答弁より)とのこと、決して余裕のある状態ではないと推察します。

また今回の特別交付税は、国が公的病院に対して自由度の高い支援を行う意図があり、地域医療を守るための措置だと考えます。
本会議でも委員会(分科会)でも早急に新たな支援を求める声は多く、私自身もそこは強く主張しました。
加えて市当局にはこうした事態を引き起こすに至った背景・原因を分析し、改善策を講じるよう強く願います。

地域猫活動TNR

9月9日の一般質問「人と動物の共生社会を目指して」では地域猫活動について取り上げましたが、率直な感想として「そもそも理解が進んでいないのだな」と感じました。
http://step-one.cocolog-nifty.com/blog/2021/09/post-f48cca.html

ですが実際に私が加入している「柏崎ファミリーキャット」では、既に何度も地域猫活動のお手伝いをしています。

地域猫活動はTNRとも呼ばれています。その意味は

T=TRAP(つかまえる)
捕獲器を使って野良猫を捕まえます。

N=NEUTER(不妊手術する)
これ以上不幸な猫が増えないように、不妊・去勢手術を行い、手術をした証として耳をカットします。

R=RETURN(元の場所に戻す)
その猫が暮らしていたもとの地域に戻します。

そして、決まった時間・決まった場所でエサをあげ、食べ残しを片付けます。(置きエサをしないことがポイントです)

「エサやりさん」はひとりいればよいのですが、その行為が【野良猫への無秩序なエサやりではない】と、地域の方々に理解していただくことが重要です。

そこで周知用として以下のチラシを作成しました。
ちなみに野良猫が子猫を生んだ場合、親猫はTNR、子猫は捕獲して獣医師の診察を受け、預かりボランティアさんのもとで生育し、里親を探す・・という活動も行っています。

獣医師の診察を受けるのは、野良猫は感染症やノミ・ダニ・寄生虫などを持っていることがあるからです。

今も2匹の子猫の里親さんを募集しています。
詳しくは柏崎ファミリーキャットのメール kfcat.000@gmail.com   までお問合せください。

雇用シェアについて

9月9日の一般質問で「雇用シェア=在籍型出向制度」と、それに対する新型コロナウイルス対策「産業雇用安定助成金」について質しました。

http://step-one.cocolog-nifty.com/blog/2021/09/post-b5ccab.html

長引くコロナ禍で県をまたぐ移動を禁じられている以上、旅行業など観光関係の方々が厳しい状況に置かれていること、その一方で介護など深刻な人材不足が続く業種があることから、本制度と助成金を活用して、困っている方々の一助とできないか・・と考えての質問でした。

厚生労働省「在籍型出向支援」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/jigyounushi/page06_00001.html

制度も助成金もうまく活用すれば良い効果を生むと思いますが、まずは手を挙げる企業・事業者が出てこなければ始まりません。

まずは1組でもよいので柏崎市内でのマッチング実績をつくり、後に続く企業・事業者が出てくるとよいのでは・・と思います。

意見書(案)と請願

9月定例会議では意見書(案)4件、請願が1件提出されました。

①北朝鮮による拉致問題の早期解決を求める意見書(案)
②台湾の世界保健機関(WHO)へのオブザーバー参加を求める意見書(案)
③出産育児一時金の増額を求める意見書(案)
④新型コロナウイルス感染症対策など新たな行政需要に対応するための地方財政の充実と強化を求める意見書(案)
⑤請第3号_(仮称)中通スマートインターチェンジ設置に関する請願

議会運営委員会で①~③は全会一致となり、議会運営委員会の提出、④⑤は総務常任委員会で審議されることになりました。

委員会で全会一致となった場合は「委員会発案」として提出(委員長名で提出)されますが、そうでない場合は「議員発案」として、提出者を含む3人以上の賛成議員の署名が必要です。

今回は2件の意見書に国際社会に問うべき課題が含まれています。

グローバル化社会を見すえて、地方からしっかりと声を挙げていくことが重要だと感じるところです。

令和3年9月定例会議

令和3年9月6日~柏崎市議会9月定例会議が始まりました。

9月9、10、13日は一般質問です。

近藤ゆかりの一般質問は9月9日(木)10時~

1、脱炭素のまち・柏崎の災害レジリエンス(市長)

(1)柏崎市地域エネルギー会社の方向性

(2)脱炭素化と災害レジリエンスの同時実現

(3)時代に即した指定避難所の在り方

2、人と動物の共生社会を目指して(市長・教育長)

(1)学校教育活動における動物との関わり

(2)殺処分ゼロに向けて

●適正飼育のための連携

●野良猫繁殖に伴う課題と地域猫活動の推進

(3)災害時の動物救済と動物愛護管理担当職員の配置

3、コロナ禍における雇用シェアの推進(市長)

*****

新型コロナウイルス感染拡大による新潟県特別警報発令により、市議会傍聴できるのは報道関係者のみとなりました。

本会議場での模様はFMピッカラ76.3MHz、柏崎市議会映像配信で中継されます。

お時間がありましたらぜひご視聴ください。